100人の旅人(バックパッカー)が撮影した世界の写真を集めた旅する写真展

Postman tour (スタディツアー)

postmantour_web

オランゴ島の子供たちを修学旅行へ!Postman tourプロジェクト始動!

オランゴ島ってどんな島?

olangomap

オランゴ島は、フィリピンのセブ島とボホール島の間に位置する、人口約2万人の、とても小さくてのどかな 南の島です。 産業としては、古くから漁業が盛んで、他には貝細工、観賞魚の捕獲、ボート操作、海草栽培が行われている島です。最近では、マクタン島からボートで20分ほどという市街地からのアクセスの良さが功を奏し、観光業も 盛んになってきました。 しかしながら、いまだにオランゴ島の村人の暮らしは経済的に大変貧しく子供にまともな教育を受けさせられない親も沢山います。フィリピンの国民性なのか、貧しい家庭に限って子沢山の傾向があり、10人以上の兄弟を持つ家庭などは普通に存在します。フィリピンは人口の増加の一途を辿っており、2023年には日本の人口と逆転するとさえ言われています。少子高齢化の日本とは全く逆の問題を抱えた国、それがフィリピンなのです。

 

修学旅行に連れていく目的は?

ひとつは、オランゴ島の子供たちに、旅からの学びの機会をあげたいという願い。今回選ばれた20名の子供たちは、この村の中でも特に貧しい子供たちです。家族旅行はもちろん、学校の行事にも、費用の問題でなかなか参加できない子供たちばかりです。全員が初めてのボホール島旅行で、みんなワクワクしています。自然豊かなボホール島への旅から、自然や環境のこと、動物や他の地域に住む人との交流、博物館や景勝地の観光など、彼らが目にする事、感じる事全てが新鮮で刺激的な旅になることと思います。

もうひとつは、スタディーツアーとして日本からの参加者もこの修学旅行に参加する事ができるということ。 「参加型ツアー」に参加する日本の皆さんは、フィリピンの一大観光地を旅しながら、子供たちとのふれあいの中で、国民の幸福度先進国であるフィリピンの人から、 幸せとは何か?という事について学び、改めて考えるきっかけになればと思っています。また、旅の中で、もし個人的に親しい関係を子供たちと築けたなら、彼らを長期的にサポートする関係で繋がってもらう狙いもあります。

 

チャリティーの目標は?

オランゴ島の子供たち20人を、ボホール島に一泊二日の旅行に連れて行く費用

@4333円 X 20 = 86,660円 が必要です。

この費用を、会場のスゴロク募金、物販売上げ、HPでの募金など、あらゆる寄付によって集め、この企画を実現させたいと思っています。 皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

プロジェクトPV

セブ在住のphotographer、Kohが、撮影した写真&ビデオからムービーを作ってくれました。オランゴ島のバランガイ(村)を実際に訪れ、子供たちにお菓子を配った後、みんなでゲームしたりズンバしたり。そんな島の子供たちとの交流を通しての笑顔や雰囲気がじんわりと伝わるムービーです。

 

OlangoA from Koichi on Vimeo.

 

 

オランゴ島の子供たち(年齢)[順不同]

修学旅行に連れて行きたい子供たちです。この子達はみんな「旅行」というものをまだ知りません。
ぜひこの子達を一人も欠けさせずに、20人全員を連れて行きたいです。皆様の募金のご協力をお願いします。

募金はこちらで受け付けています。

child01
Danjie(11)
child02
Regine(15)
child03
Honey(15)
child04
Rose May(15)
child05
Abegail(11)
child06
Princess(11)
child07
Janisa(12)
child08
Lowela(15)
child09
Ashley(14)
child10
Lyla(14)
child11
Lariza(14)
child12
Ope(11)
child13
Raniel(9)
child14
Hieda(11)
child15
Crislyn(14)
child16
Jeyalyn(14)
child17
Mary Rose(14)
child00
Franchete Faye
child00
April
child00
Claire

 

フィリピン ポストマンツアー 募集要項

フィリピン、オランゴ島の子供たちと一緒に、あなたもボホール島に修学旅行に行きませんか? OverTheBorderでは、セブ島やオランゴ島、ボホール島を訪れる、ショートプログラムを、 いつもの「ポストマンツアー」という名前のもと、スタディーツアーのような体験型プログラムを 企画しています。ポストマンの名前の由来は、直接寄付を届けに行くという思いから名付けました。 世界幸福度ランキングでは7位という上位にランクインするフィリピンの人々の暮らしや、生活、 ポジティブ思考などから、私たち日本人が「幸せ」について学ぶべきものは多いと思います。 また、美しい海や自然をはじめ、フィリピンでしか体感できない特筆すべきものが沢山あります。 ぜひこの旅を通して、見て触れて、子供たちとふれあって、体感して、多くの事を感じてください。

ポストマンツアー 概要

【日時】

2015年 2月7日〜2月8日

【行程】

詳細は現段階では未定、下記は予定表のサンプルです。
《1日目》
集合(Cebu city)ーオリエンテーション(オランゴ島)ーPier Hiltonー(船)ーBohol island
ーJetafeーロボック川下りーPanglao islandー宿ーアロナビーチで海水浴ー宿にて和食Partyー
夜のプログラム(出し物、ゲーム、キャンプファイヤー、花火など)
《2日目》
宿出発ーチョコレートヒルズー洞窟探検ーターシャ鑑賞ーJetafeー(船)ーPier Hiltonー解散
《3日目(希望者のみ)》
オランゴ島滞在や、セブシティー大学ツアーなど、企画中

【費用】

実費のみ《ボランティア賛助金含む》(現段階で金額は未定)

【ツアー参加方法】

お問い合せより、詳細の連絡希望の旨をご連絡ください。詳細が決まり次第、順次ご案内をお送りさせていただきます。題名に必ず「修学旅行ツアーについて」とご記入ください。

詳細をご覧頂いてから、参加する、しないを決めて頂いて構いませんので、 ご興味のある方は、まずはお問い合せください。

 

お問い合せページ

(題名に必ず「修学旅行ツアーについて」とご記入ください。)

PAGETOP
Copyright © バックパッカー写真展 OverTheBorder All Rights Reserved.